ミニチュアダックスを飼う

ミニチュアダックスの性格

ミニチュアダックスは、人懐っこく甘えん坊と思って飼ったのに、実際に飼ってみると、「意外と頑固で、指示に従わない」「もっと落ち着いた犬だと思っていた」と驚く飼い主さんもいるみたいです。

ミニチュアダックスは、もともと猟犬だったため、初めて会う相手や物音に吠えやすい一面や「噛みつき」といった問題行動を起こす犬種でもあります。

ですが、人の指示をしっかり理解して従うこともできるので、飼った時からしっかりトレーニングをする必要があります。

気をつけること➀

身体的特徴

ミニチュアダックスフンドは胴長短足な体形から背骨への負担がかかるので、階段の上り下りはあまりさせないでください。

あまり太らせ過ぎると、椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼といった関節系の疾患にかかってしまう事もあるので、総合栄養食を与えながら適度な運動をし体重管理を行ってください。

また、耳が垂れているため、外耳炎や耳ダニという病気になりやすいのでしっかり耳掃除をしてください。

病気になりやすい犬種なので「おかしい」と思ったら早めに獣医師に相談を!

気をつけること②

吠え・噛み癖

ミニチュアダックスは良く吠えます。

吠え癖をそのままにしておくと、ご近所トラブルや飼い主さんが夜寝れなくてストレスが溜まってしまいます。

次に、これはミニチュアダックスだけではないですが、子犬が甘噛みをしますよね。

甘噛みだからと放っておくと噛み癖が付いてしまい成犬になってから咬傷事故の原因になることがあります。

子犬の時から吠え癖・噛み癖をやめさせるトレーニングをしましょう。

最後に

ミニチュアダックスを飼う時の注意点を書かせていただきました。

上記の事を参考に素敵なミニチュアダックスとの生活を送って下さい。