犬のトイレのしつけ方

わんちゃんの飼い主様、トイレのしつけにお悩みではありませんか?      

トイレを中々覚えない子いますよね (-“-; 

室内犬を飼う時は、まずトイレを覚えてもらいましょう。

家の中のいろんな所にオシッコをされるのは、処理が大変でとても負担が大きいです。

犬は自分でトイレの場所を決めてそこに繰り返す習性があります。

犬の排泄のタイミングやサインを見逃さないようにしましょう。

子犬の排泄のタイミングとサイン

  • 食後や水を飲んだ後
  • 遊んでいて興奮している時
  • 床の臭いを嗅ぎながらその場をクルクル回ったり吠えたりして落ち着きがない時

このような行動が見られたら排泄してしまう前に、トイレに誘導してあげる必要があります。

トイレシートに排泄することができたらいっぱい褒めておやつをあげてください。

繰り返し行うと排泄をしたくなったら、自分でトイレに行くようになります。

犬を家に迎えてから、日数が経ってしまい、トイレシート以外に排泄をしている場合は、その場所にトイレシートを置いてください。

これは、「トイレはその場所」と教えるのではなく、「トイレはシートの上」と教える行為になります。

きちんとシートの上に出来るようになったらトイレにしたい場所にシートを少しづつ動かしていきます。※この時もシートの上に排泄できたら褒めてあげてください。

個体差はありますが、これでトイレを覚えてくれるはずです。

トイレのしつけ中に気をつける点

犬がシートの場所以外にしていたの見つけた時も決して怒らないでください。

見つけた時に注意しても、犬は何で注意されているのか理解できません。

怒るのであればトイレの場所以外に、排便排尿をしている時に、床を叩くなどの驚くような音を立てる方法でやってください。

怒り方を間違えてしてしまうとトイレがダメな事と認識してオシッコを我慢してしまい、膀胱炎になってしまう事もあるので、注意が必要です。

なので、なるべく怒ることはせずトイレシート以外の場所にしてしまったら、その場所に排泄物の臭いがのこらないように掃除してください。

最後に

犬がトイレを失敗してしまうと、その臭いや片付けなどで飼い主にストレスが溜まってしまうので、犬を飼ったらまず覚えもらいましょう。

覚えてもらえるまで地道に訓練をしていきましょう。

トイレを覚えてくれたら、飼い主さんもわんちゃんも、快適に暮らせます。

トイレシートの購入